Beats by Dr.Dre Mixr 密閉型オンイヤーヘッドホン

Beats by Dr.Dre Mixr 密閉型オンイヤーヘッドホン

Beatsオーディオの最高の低音を体感できるヘッドホン

bと書かれたシンプルなロゴでおなじみのビーツ・エレクトロニクスはアメリカのオーディオ機器ブランド。

 

2008年にアメリカのラッパーでありヒップホップ界のプロデューサーであるドクター・ドレーと、インタースコープ・レコードの会長ジミー・アイアヴィーンが設立。
ビーツのヘッドホンは最近では日本中で目にするようになったので、街でも見かけることが多くなりましたね。

 

その特徴の一つとしてよく挙げられるのが「低音」でしょう。
ヨドバシカメラなどでは店頭でもたくさん展示してあるため、聴いていただくと分かりますがはっきりと低音が強調されています。
製品の中には、サブウーファーを搭載しているかのような低音を再生してくれるなど、低音好きにはたまらない製品が多いです。

 

一時期、これまた日本でもスマートフォンなどで一躍有名になった台湾HTCが大半の株を持っていましたが、
2014年にiPhoneなどでおなじみのアップルが買収すると発表して驚かされました。

 

パソコンメーカーの中でもHPなどは、ビーツオーディオ搭載を謳うなど、音楽好きな人には良いイメージを持たれていると言えます。

 

 

今回ご紹介する商品「Beats by Dr.Dre Mixr 密閉型オンイヤーヘッドホン ホワイト BT ON MIXR WHT」は、
従来のビーツサウンドをそのままに、ボディが軽量化、コンパクトになって持ち運びがしやすくなった製品です。

 

調整可能なヘッドバンドはさすがにヒップホップ界の支持を受けるビーツならではの特徴で、270度回転式のイヤーカップを採用しています。

 

ノイズの多い会場で音量を上げても深い低音を再生してくれる。

 

独自の入出力機構であるデュアルポート入出力を搭載しており、
ヘッドフォンのケーブルをどちらか一方のイヤーカップに差し込むと、もう一方のポートは自動的に出力ポートになるようになっています。

 

また、この製品は 3-button mic 機能付きケーブルを採用しています。
これにより手元でトラックの操作と音量調整が可能なうえ、小型マイクを搭載しているため、iPhoneなどでの通話も可能になっています。

 

アマゾンのコメント欄を見ても、やはり特徴である低音に満足している人が多く、また頑丈なポーチが付属することも高い評価となっているようです。

 

Beats by Dr.Dre Mixr 密閉型オンイヤーヘッドホン

 

ホーム RSS購読